サイキンソー倫理宣言

1. 対象および目的

サイキンソー倫理ガイドラインは、株式会社サイキンソー(以下「当社」という)が実施している検体検査及び研究開発を対象とし、これらに関連する倫理的な観点について遵守すべき事項を明らかにし、適切な対応を図ると共に、医療に携わる者としての自覚を高め、健康寿命延伸の向上に資する目的で定める。

2. 検体検査、研究開発の実施
  • 医療機関や研究機関等より受託したヒト由来細菌叢の検体検査にあたっては、被検者や研究対象者の人権を守り、生命の尊厳を重んじ、法的、倫理的及び社会的問題(ELSI)に配慮し真摯に行う。
  • 医療機関や研究機関等と研究開発を行うにあたっては「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に則り、当社の倫理委員会にて審議し、承認を受けた上で実施する。
3. 個人情報の保護等

当社プライバシーポリシーに準ずる。

4. インフォームド・コンセントの確認等

研究によるヒトの試料および情報の受領に際しては、委託元機関において、検査前に被検者に対して十分な説明が行われ、被検者の自由な意志による同意を得ていることを前提とする。

5. 受託検体の取り扱い
  • 検査のために受託する検体の取り扱いについて、検査の委託元である医療機関等と契約を結ぶ。
  • 検査のために受託した検体は依頼された検査のみ行う。
  • 受検する際、当社の研究への同意が得られている場合は、当社の研究開発に使用する。
6. 検査技術の質の確保

検査の工程に関わる者は検査実施に必要かつ十分な生命科学分野の知識及び技術があり、常に新たな知識、技術の習得等の研鑽に努める。

7. ガイドラインの変更

当社では、法令その他の指針の変更に対応するため、本ガイドラインを改定する事がある。

8. 研究の倫理審査を行う厚生労働省の倫理委員会登録システムへの登録について

当社の倫理審査委員会は「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に則り、厚生労働省の倫理審査委員会に登録し、規定に基づいていることが確認できる。

9.準拠資料
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(2017年2月28日一部改正 文部科学省、厚生労働省)
  • 人間を対象とする医学研究の倫理的原則(ヘルシンキ宣言)(2013年10月改正 世界医師会)