整腸のための食事法、低FODMAP(フォッドマップ)食で下痢・便秘を改善
マイキンソー コーチ(iOSアプリ)β版を公開

2018年 2月 1日

マイキンソーコーチでは、下痢・便秘でお悩みの方へ、整腸のための食事法「低FODMAP(フォッドマップ)食」を学び、実践をサポートする機能を開発していきます。

低FODMAP(フォッドマップ)食とは

FODMAPとは、特定の糖質の略称で、一般的には腸内環境を整えると言われている食材も多く含まれます。

しかし、IBS(過敏性腸症候群)など、日頃からお腹の調子が不安定な方の中には、それが逆効果になることも。それは、大腸まで届いたFODMAPが腸内細菌の働きにより、腸内で異常発酵し、腸の運動に変化がおこるためです。

また、食材が小腸内で吸収されづらいため、小腸内にも過剰な水分が引き込まれます。その結果、腹痛やおならなどの腹部症状や、下痢・便秘などの便通異常が起こると考えられています。


App Store(スマートフォンアプリは下記からダウンロード)

https://goo.gl/2D7558

※腸内フローラ検査「マイキンソー」をご利用頂いた方は、同じアカウント(メールアドレス・パスワード)でログインする事ができます。